仮想通貨による募金活動に協賛!ニッポン放送 第45回ラジオ・チャリティ・ミュージックソンにてビットコインでの募金方法ご提供のお知らせ

プレスリリース

株式会社ディーカレット(東京都千代田区、代表取締役社長:時田一広、以下:当社)は、12月11日(水)より、ニッポン放送「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」※に協賛したことをお知らせいたします。「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」としては、初めて仮想通貨(ビットコイン)による募金方法を提供できることになり、活動に賛同される皆様が仮想通貨での募金を選択することが可能になりました。

※ニッポン放送「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」とは
目の不自由な方たちが、「安心して街を歩けるように」ということを目指し、『音の出る信号機』や、目の不自由な方の社会参加につながるアイテムを一つでも増やすための基金を募るキャンペーン活動。この企画は1975年からスタートし、今年で45回目を迎えている。ラジオができることとして、ラジオ・フレンドリーな目の不自由な方たちのためになることをしよう、というところから出発し、現在では募金だけでなく、目の不自由な方を中心に、体の不自由な方々への理解の促進と思いやりの気持ちを育むことを目指している。 (https://www.1242.com/musicthon2019/about/ より抜粋)


■仮想通貨(ビットコイン)による募金受付期間
2019年12月11日(水)~2020年1月31日(金)23:55

■仮想通貨(ビットコイン)募金について
仮想通貨(ビットコイン)募金の手続きは、DeCurretアカウントもしくはご自身のビットコインウォレットから、募金アドレスへビットコインをご送付いただくことで完了します。
いただいた寄付はすべて「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」へ届きます。
詳細は以下キャンペーンページをご確認ください。

▽キャンペーン詳細
https://www.decurret.com/campaign/musicthon2019/


プレスリリース日本語版 PDF
プレスリリース英語版 PDF