ブロックチェーン技術を利用した保険契約における業務プロセスの自動化に関する実証実験を実施~スマートコントラクトを用いた保険金支払業務の自動化~

プレスリリース

東京海上日動火災保険株式会社(取締役社長 広瀬 伸一 以下:東京海上日動)と株式会社ディーカレット(代表取締役社長 時田 一広 以下:ディーカレット)は、2020年3月より、保険料の領収や保険金支払いといった保険契約における業務プロセスを対象に、ブロックチェーン技術を利用した自動化に関する実証実験を実施いたしました。

1.背景 
保険をご契約いただく際には、保険料のお支払いや保険金の受け取りなど、様々な手続きが発生します。デジタル通貨やブロックチェーンの特徴を活かした業務プロセス・決済プロセスの実現は、これらの手続きをこれまで以上に効率化・迅速化することができ、お客様の利便性向上が見込まれます。また、保険会社の業務効率化・迅速化に大きく貢献することも期待されています。
そこで、東京海上日動はディーカレットと共同で、デジタル通貨とブロックチェーンによる決済実証実験を実施いたしました。本実証実験を通じ、効率的で、より良い保険の仕組みづくりを検討してまいります。なお、東京海上日動は2018年1月にディーカレットに出資をしており、本実証実験は資本提携業務の一環となります。

2.概要
本実証実験では、ディーカレットが構築中である、「ブロックチェーン上でデジタル通貨を発行・管理するプラットフォーム」を活用し、保険料の領収や保険金支払いといった業務プロセスの自動化に関する技術検証を行いました。

詳細は以下PDFをご確認ください。

プレスリリース日本語版 PDF
プレスリリース英語版 PDF