Weeklyマーケットレポート 2020/5/8~5/14

お知らせ

BTC/JPY

【1時間足チャート】
一時間足チャート

【直近7日間のレンジ】
BTC/JPY高値(Bid)安値(Ask)レンジ
5/8~5/14¥ 1,071,130(5/8)¥ 860,020(5/10)¥ 211,110

5/8(金)以降のビットコインの値動きは、101~107万円台でのレンジ相場からのスタートであったが、5/10(日)午前9時に暴落となり、90万円を割れて80万円台の安値をつけた。半減期前のポジション調整があったのではないかとみられているが、材料がはっきりしない状態での突発的な値動きはビットコインを含め暗号資産にはよくあることで、まさに投機的なマーケットの真骨頂であると言える。その後、半減期を問題なく通過し、じりじりと値を戻しながら再度100万円が目前となっている。半減期は予定されていた時期よりも12時間ほど早く到来したとのことである。

【今後1週間の見通し】
暗号資産の注目としては、ビットコインの半減期を終え、次はETH2.0のローンチ予定となっている7月に目が向くことであろう。(ただし、7月のローンチも期間の保証ができないとのことをイーサリアム創設者であるヴィタリック氏は言及している。)また、バーチャル開催ではあるが暗号資産・ブロックチェーンのイベント「コンセンサス」が5/11(月)~15(金)と開催中である。開催中は暗号資産が上がりやすいとのアノマリーがあるらしく、かつビットコインは落ち着きを見せはじめることを予想し、今週もじりじりと上がっていくことを予想する。

1週間の予想レンジ 95万円~110万円


【日足チャート】
日足チャート

【長期トレンド】
まだ規模の小さいビットコインであるが、以下のようなニュースにより、ますます金融商品化されていき、かつ資金が流入してくる流れは変わらないと予想する。新型コロナ対策での各国中央銀行による金融緩和も、暗号資産上昇の後ろ盾となるであろう。

・JPモルガン、暗号資産取引所を初めて顧客に
・ヘッジファンド業界のパイオニア、ポール・チューダー・ジョーンズ氏がビットコインに投資
・ヘッジファンドのルネッサンス、ビットコイン先物に参入へ

今後3カ月の予想レンジ 90万円~140万円


※半年に渡ってお届けしたWeeklyマーケットレポートですが、本稿をもって一時休載となりました。短い間でしたが、ご愛顧下さりありがとうございました。

#ビットコイン#仮想通貨#ディーカレット#金融

2020年5月14日(木)
執筆 暗号資産事業グループ 小林 大輔


■本資料は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、特定の暗号資産の売買、投資、保有などを勧誘又は推奨するものではありません。

■本資料に掲載されている市況⾒通し等は、本資料作成時点での担当者の⾒解であり、将来予告なしに変更される場合があります。また、将来の見通しを保証するものでもありません。

■本資料は、担当者が信頼できると判断した情報を基に作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。

■暗号資産取引を行う場合には、契約締結前交付書面等の各種交付書面や当社ホームページ等をご確認の上、取引内容をよくご理解いただき、ご自身の判断で取引を行ってください。

■この資料に掲載された全ての内容(情報、商標、デザイン等)の著作権等知的財産権は、株式会社ディーカレットまたは権利者に帰属するものです。したがって、これらを無断で転載、使用、複製、配布、改変等を行うことはできません。

■当資料に暗号資産のグラフ・数値等が記載される場合、それらはあくまでも過去の実績またはシミュレーションであり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。また、税金・手数料を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。

ディーカレットの口座開設はこちらから

アカウント登録・アプリダウンロードはこちらから