日本におけるデジタル通貨の決済インフラを検討する勉強会を開催

プレスリリース

株式会社ディーカレット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:時田一広、以下:当社)は、日本において価値あるデジタル通貨でのデジタル決済インフラの実現を目指すための勉強会を開催いたします。本勉強会は、3メガバンク(みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行)、国内主要企業、有識者等の参加者により構成されます。

■本勉強会開催の背景
近年、分散型台帳技術を活用した民間企業によるデジタル通貨発行、一部の中央銀行の動き等もあり、デジタル社会に適したデジタル通貨決済の効率性、利便性への期待が高まっています。同時にプライバシーの確保、犯罪防止対策、技術的リスクなどの懸念も出てきており、日本における価値あるデジタル通貨実現の方向性が求められています。

■本勉強会の目的
デジタル通貨やデジタル決済インフラに対する課題と解決方法の検討、議論を進め、実現に向けた合意点を見出し、サービスやインフラの標準化の方向性を示すことを目的としています。

詳細は以下PDFをご確認ください。

プレスリリース日本語版 PDF
プレスリリース英語版 PDF