デジタル通貨の発行実験の実施 〜生命保険業への応用可能性を検証〜

プレスリリース

T&D保険グループの大同生命保険株式会社(社長:工藤 稔、以下「大同生命」)と株式会社ディーカレット( 社長:時田 一広、以下「ディーカレット」)は、2020年7月7日より、デジタル通貨に関する実証実験を開始いたしました。

大同生命は、国内生命保険会社としては初めて、ディーカレットが構築している「ブロックチェーン上でデジタル通貨を発行・管理するプラットフォーム」を用いて自社ブランドのデジタル通貨を発行し、実証実験参加者に限定した仮想経済圏を構築します。参加者がスマートフォンアプリでデジタル通貨を保有し、物品購入や、スマートコントラクト(注1)による自動積立等を行うことで、デジタル通貨やブロックチェーン技術の生命保険業への応用可能性を検証します。

(注1) 送金や決済といった取引に伴うさまざまな処理を自動化する仕組み

詳細は以下PDFをご確認ください。

プレスリリース日本語版 PDF
プレスリリース英語版 PDF