ブロックチェーン技術を活用した電力P2P取引における決済処理の自動化の実証実験を実施~ 電力業界向けのデジタル通貨利活用の推進を目指して ~

プレスリリース

株式会社ディーカレット(代表取締役社長 時田 一広 以下:ディーカレット)は、2020年3月に、関西電力株式会社様(以下:関西電力)と、デジタル通貨に関する実証実験を実施いたしました。
ディーカレットは、構築している「ブロックチェーン上でデジタル通貨を発行・管理するプラットフォーム」を活用し、関西電力向け実証実験用の独自デジタル通貨を発行し、電力P2P取引※1における決済処理の自動化について有効性を確認する事が出来ました。

ディーカレットは、今後も、デジタル通貨やスマートコントラクト等のテクノロジーの活用を通じ、電力業界向けにデジタル通貨の推進を進めてまいります。

※1:Peer to Peerの略称。中央サーバを経由せずに、個々の端末(Peer)が直接、互いにやり取りを行える仕組みのこと。

詳細は以下PDFをご確認ください。

プレスリリース日本語版 PDF
プレスリリース英語版 PDF