ディーカレット、会津若松市のナイトタイムエコノミー施策「極上のはしご酒」のデジタルクーポンの仕組みを提供

プレスリリース

 株式会社ディーカレット(代表取締役社長 時田 一広 以下:ディーカレット)は、会津若松市ナイトタイムエコノミー推進協議会が10月6日より開始した観光活性化企画「極上のはしご酒」のデジタルクーポンの仕組みを、TIS株式会社(代表取締役会長兼社長 桑野 徹)のスマートシティ共通決済サービス「ID決済プラットフォーム※1」と連携して、会津若松市の地域ウォレット「会津財布※2」上で利用できるサービスとして提供したことを発表します。

※1:TIS株式会社の「ID決済プラットフォーム」は、スマートシティにおけるデータ連携基盤(都市OS)と連携して住民IDの認証をし、住民IDを用いた“ID決済”を行えるプラットフォームです。ID決済により、属性情報と決済情報から地域モビリティの手配、店舗・クリニック等の予約などの民間サービスに加えて、様々な公的手続きと連携することで、ワンストップでの利便性の高い社会を実現します。詳細は以下URLをご参照下さい。
https://www.tis.jp/service_solution/payment-platform/

※2:「会津財布」は地域ウォレットとして、利用者情報、決済手段、生活を便利にするサービスを、利用者自身の生活スタイルに合わせて利用でき、同時に地域サービスを地域住民だけでなく、観光客、ビジネス客などのビジターにも提供できるスマートフォンアプリケーションサービスです。地域におけるニーズや進めたい施策に合わせて、デジタルクーポンやポイント、地域通貨、地域クラウドファンディングなどのデジタルサービスを自由度高く搭載することができます。


詳細は以下PDFをご確認ください。

プレスリリース日本語版 PDF
プレスリリース英語版 PDF